夫婦の証である結婚指輪

結婚指輪は、夫婦2人が付けるペアの指輪です。
マリッジリングとも呼ばれ、夫婦の証となるものです。
普段から常に身につけるものであるため、多くの人はシンプルなものを選びます。
指輪の裏側に、結婚記念日や夫婦それぞれのネームを入れてくれるところもあります。
1つあたりの平均価格は10万円程度とされています。
多くの有名ブランドからも、結婚指輪が出ています。
結婚指輪にこだわる女性は多く、好きなブランドのものを探すようです。
最近ではネットでも多くの結婚指輪が紹介されており、お店を周らなくても比較出来るようになっています。
シンプルなデザインの中にも、個性ある指輪が人気を集めているようです。
大切なペアリングとなるので、後悔しない選び方をすることが大切です。

結婚の祝儀は気持ちとお財布事情と相談

冠婚葬祭の費用は、その人との関係によります。
通夜などの場合は、一般的な金額に驚く程の差はありませんが、結婚のお祝い金となると多少違ってくると思います。
披露宴に出る出ないでも違いが出てくると思います。
披露宴にはとばれていないものの、会社などの有志で出す場合などは多くて1一万円程でしょう。
披露宴などに出席する場合、友人であれば三万円位が相場といわれています。
親戚や兄弟であれば、年齢や間柄にもよりますが相場が五万から十万程度になる場合もあります。
そうなると、披露宴のご祝儀などの一派的な相場は、三万~十万の間と思っていいかと思います。
しかし結婚のお祝いという事になると、上限はないようなものなので、両親から百万円の単位でもらったり、お金の代わりに家やマンションなどという豪華なパターンもあります。
お金はあるところにはあるので、そこは羨ましい限りです。

Copyright© 結婚 All Rights Reserved.