結婚式を挙げることの素晴らしさ

結婚式を挙げない若者が増えてきています。
結婚式とは、普段お世話になっている方への感謝や、これからもよろしくお願いしますという思いを伝えたり様々な意味を持ちます。
お金がないから出来ないで済ませてしまうのはさびしいことです。
特に女性はウェディングドレスを着ることに憧れを抱いていたりします。
その願いを叶えてあげられるのは新郎だけです。
盛大ではなくこじんまりとした式でも新婦にとっては嬉しいものです。
最近は低価格で式を挙げられるところもあり、周りの協力や自分たちの手作りで極力コストを抑えることが出来ます。
一生に一度となる結婚式を挙げなくていいのですか。
タイミングを逃すと余計に式を挙げれなくなります。
新婦の笑顔がそこにあります。
是非一生の思い出を作ってみてください。

結婚祝い金の渡し方と相場

結婚祝いを贈る際、正式には結婚の1か月前~1週間前の大安吉日などのお日柄の良い日を選んで本人宅へ持参するのが基本のマナーです。
しかし、現代では結婚式に招待された場合は、結婚祝い金を当日持参する人が大半です。
お札は折り目正しい新札を結び切りの金封に入れて用意します。
受付で袱紗から取り出し、「おめでとうございます」と挨拶を添えて手渡しします。
金額の相場は友人知人や会社関係ですと、3万円が一般的です。
2万円包む場合には、1万円札2枚ではなく、1万円札と5千円札2枚で計3枚にする方が縁起が良いとされています。
親族は関係が濃いほど金額が高くなります。
兄弟で5万~10万円、叔父・叔母で10万円が相場ですが、家により様々です。

Copyright© 結婚 All Rights Reserved.