結婚内祝いのマナーを知ろう

結婚のお祝いをもらったら、内祝いを返すのがマナーとされています。
しかし、結婚の内祝いはいつまでに贈ったら良いのか、予算はいくらぐらいなのか迷ってしまう人が多いです。
内祝いは、結婚祝いを頂いた方へ感謝の気持ちを伝えるお返しとなるものです。
失礼なことにならないためにも、きちんと知識を付けておくことが大切です。
一般的には、式や披露宴に来れなかった人にお祝いを頂いた場合や、式を挙げなかった場合に、結婚内祝いとしてお返しをします。
予算ですが、頂いたお祝いの3分の1から半額程度の金額を目安として贈り物をします。
そして、式後なるべく早めに贈ります。
最低でも1カ月以内に贈るようにします。
貰って嬉しい物や、普段から使えるような物を贈るのが一般的です。
相手のことを考えたものを選ぶようにすることが大切です。

結婚を機に年賀状をきちんと送りたい

新婚の夫婦にとって年賀状は特別なものです。
これまで年賀状を送っていなかった人も結婚を機に送るということも多いです。
特に人気があるのは写真つき年賀状です。
結婚式や披露宴の写真を華やかなデザインで印刷します。
結婚の報告やパートナーの紹介、新居の案内にもなります。
心に残るものにするために、印刷業者選びやデザイン選びは慎重になります。
カメラ店ですと、フジカラーやカメラのキタムラが有名です。
その他、最近はネット限定の業者が多数あります。
スピードや価格を売りにしているところが多いです。
ほとんどの業者が早期割引サービルを実施しています。
また、複数の写真をレイアウトしたり、文字を自由に入れられるサービスをしているところもあります。

Copyright© 結婚 All Rights Reserved.